2006年04月10日

コセリバオウレン (1) ひっそり春が訪れました

コセリバオウレン (小芹葉黄蓮)
キンポウゲ科オウレン属

 
私が出会ったのは‥千葉県 3月 森林、山地 (林内)

千葉県評価:要保護

コセリバオウレン全体.jpg
1.名の由来
 根茎が太く、節状に珠が連なったようになっており、その断面が黄色をしているところからオウレン(黄蓮)。葉が芹の葉に似ており小型なので、コセリバ(小芹葉)。
 花や葉の繊細さに比べ根茎が意外にたくましいのはびっくり。私、地面の下はすごいんです。。なんて。さて、断面までは確認していません。


2.環境
 山地の林道沿いにひっそりと咲いていました。咲いている場所には下記の特徴がありました。
 @日が当たらない。
   出会ったのはお昼前後でした。同じ場所でも少しでも明るい側には全く生えていないので、明らかに日を嫌っているのかなと思います。
 A岩場でないこと。土の部分に生えていました。
 B適度に湿っていること。湿り過ぎている場所はコケやシダが生えていました。
 C落ち葉が積もっていないこと。葉は地面を這うように出していたので、落ち葉があると葉が隠れてしまうからかな。


 数箇所でしたが、いずれも上記の条件を満たす場所で、1箇所を除き、斜面でした。斜面が多い理由はCからきていると思います。
 それにしても日の光を嫌って葉を広げて花を咲かせる。なんか矛盾してない?!まあ出会った場所は林道沿いなので、開放的なため、日陰といっても林内よりは明るいんですけどね。日のあたる場所は乾燥するので、だめなのでしょうね(上記特徴@よりはBが優先か)。


3.葉
 葉は薄く繊細な感じです。でもみずみずしい。青々としてこんなひっそりとした場所で、新緑!でした。花と葉の印象がぴったりと合うかわいい植物です。
 
4.大きさ
 花茎は高さ10cm程度

次の記事(←クリック)では、花にもっと近づいてみます。

posted by ふらり at 06:06| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 早春の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
根が節状で蓮根(レンコンン)に似ているって言うわけですね。
Posted by onjo at 2006年04月10日 07:13
ありがとうございます!私もそれで根っこを掘って、割ってみて納得!と思ったら、それはコセリバオウレンではなくて、サラシナショウマでした(-_-#)。
Posted by ふらり at 2006年04月10日 20:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。