2006年05月01日

カヤラン (2) 見上げると天使が舞い降りて

この記事は続きです。最初の記事「こちら」(←クリック)からご覧ください。
 
カヤラン (榧蘭)
ラン科カヤラン属
 
私が出会ったのは‥千葉県 4月 公園、寺社、街中 (樹の上)
カヤラン遠景.jpg
 つづきです。イヌマキの枝を見ていたら、ぶら下がっているのがよくわかる『カヤラン』の花がありました!おもしろいですね〜。ちなみに薄ピンクの花は、イヌマキの後ろに咲いていた八重桜の花が写っています。これで、地上約4mくらいかな。
そこで、もう少しアップ〜。
カヤラン全体吊り.jpg
なんと自分の茎にも根が絡まって、下のほうに降りてきていました。この根は何なんでしょう?『絵でわかる植物の世界』によると、これを「気根」というそうです。空気中の霧などの水分を得ようとしているのでしょうか。がんばっていますね〜。
カヤラン花吊り.jpg
 下から花を写しました。花は真下をむいていました。形はまさしくランですね。丸いつぼみから徐々に開くさまがよくわかります。薄黄色のかわいい花です(*^_^*)。近づいて匂いをかいで見たいのですが、背が低くて(^_^;)。
 寺社の森って昔から守られているので、貴重な植物があることが多いのですが、これもそのひとつなのでしょう。このお寺は由緒正しいお寺でしたよ。このカヤランはいつどこからここに来たのでしょうね。

カヤランおしまい!

posted by ふらり at 00:55| 千葉 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 初夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます♪
カヤラン未だご対面してません・・でもぉ
少し勇気が出ました(千葉県にも自生しているのが分かって)
以前、鴨川の清澄寺の売店でカヤランを尋ねたら・・”あそこ”って指さした方向が樹齢ン百年の巨大杉のテッペンでした(こりゃ無理だぁ)

今年は少しガンバロウと思ってます
Posted by Green at 2006年05月01日 02:22
昨日は、可愛いカヤランのお届けありがとうございました。今朝は、ゆっくりカヤランのお話を読ませていただいています。

着床植物という言葉を初めて知りましたのでふらりさんの解説に、そうなんだ〜と興味津々です。自然界の植物には色々な生き方があるのですね。光を求めて上へ登っていったカヤランにどうやって登ったの?
とインタビューしてみたいですね。
( ..)φメモメモ

ふらりさんはひとつのお花について図鑑に載っていない、沢山の解説をされているので、とても勉強になります。
図鑑だと、面倒になって読み飛ばしてしまう解説も、ユーモアや感想をまじえて綴られているので、とても楽しい読み物として読ませていただけます。(≧▽≦)
これからも、色々教えてくださいね。

今までは、小さな野草を探して下ばかり見て歩いていましたが・・・
これからは、上もキョロキョロ(@_@)忙しくなりそうです。(*^^)v
Posted by のんママ at 2006年05月01日 08:17
Greenさんありがとうございます。房総のランは盗掘が多いようで、私も悲しいです。アワチドリなんて会ってみたいけど、無理なんでしょうね〜。
Posted by ふらり at 2006年05月01日 22:50
のんママさんありがとうございます。たくさんのコメントとてもうれしいです!
なんで?と子供のように思ってしまうと、考えたり調べたりしたくなってしまうんです。それをそのまま書いてしまうので、あんな調子なのですが。。
更新はゆっくりですが、よろしくお願いします。
Posted by ふらり at 2006年05月01日 22:55
イヌマキの木なんですね。
ピンクのお花が見えてキュチクトウ…?
まだお花は咲いてないし…と悩んでしまいました。読まないで写真見るからねぇ…

カヤラン健気に頑張ってますね〜♪
これからは上も見て歩かなくちゃ!
素適なカヤランさんは何処からいらしたんでしょうね。本当に疑問ですね。
寄生植物ではないんですね。
自立していて美しいし立派だわ〜♪
Posted by SAKURA at 2006年05月02日 02:27
私も知人に教えられて見たことがありますが大変小さな花だし、高いところにあるし、暗いし、良く見つけられたと感心しています。ふらりさんの画像の方がずっとよく分かりますね。ありがとうございました。
Posted by onjo at 2006年05月02日 07:28
カヤランパート2ですね、
可愛いお花のようですが・・
寄生していないようですが、イヌマキの木は,痛められないのでしょうか?
Posted by おとと at 2006年05月02日 18:24
SAKURAさん、ありがとうございます。ついつい下を向きながら、花を探してしまうのですが、どこからともなく香る花の香りや落ちていた花で上に咲いている樹の花にはじめて気づきます。でも、上に野草も咲いているなんて‥、私もこれからは上も見て下も見て‥、前も見ないとね(^_^)。
Posted by ふらり at 2006年05月02日 20:13
onjoさんありがとうございます。花との出会いって不思議です。今まで知らずに通り過ぎていた場所で、新しい出会い、いいですね。
Posted by ふらり at 2006年05月02日 20:20
おととさんありがとうございます。確かに根で締め付けて樹を枯らしてしまう植物もあるそうです。でもカヤランはそれはなしないようです。なにしろ元の樹の新陳代謝を利用して生きているのですから。イヌマキもとても贅沢なアクセサリーをプレゼントしてもらって、案外お気に入りなのかもしれませんね。
Posted by ふらり at 2006年05月02日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。