2006年05月22日

カザグルマ 「大輪」という言葉はあなたのために

(*)新しく、花の索引を作りました。この記事の上に書いてある『こちら』をクリックしてください。 
 
昨日はわけのわからない画像でしたが、その答えはこちらでした。
 
今日の主役は‥
カザグルマ (風車)
キンポウゲ科センニンソウ属

私が出会ったのは‥千葉県 5月 水辺(林縁)
千葉県評価:重要保護
カザグルマ全体.jpg
1.出会った環境
 千葉県の代表的な地形のひとつに「谷津」と「里山」があります。細長く入り組んだ田んぼとその周りの森林です。その地形は市川市にある大町自然観察園や千葉市にある泉自然公園、昭和の森など、代表的な自然公園にも取り入れられたり、最近ではビオトープということで、そのような地形を残す試みが始まっています。
 私は花の写真に興味を持ち出してから、房総丘陵の林道を歩くのが好きになりました。ですから、千葉県で花を見に行くというと、公園以外は房総丘陵まで出かけることがしばしばでした。ところが今年になって、千葉県には他にもいろいろな自然環境があり、そこにはまた違った花が咲いていることに気づきました。そこで、今年は海岸や水田周りの散策をするようになり、おかげで、このブログに書きましたアツバスミレやサワオグルマ、ハマウツボ、ヤセウツボや、カルガモちゃん!、そして他の方々の画像掲示板に投稿したハマハタザオ、イワタイゲキ、クマガイソウなど初めて出会うことができましたし、今連載?中のヘビイチゴも今まで以上に何回も観察するようになりました。このブログに書いていることは半分以上が今年初めて知ったことばかりなんです。今回のお花も初めて出会うことができました。
 『カザグルマ』という花は名まえすら知りませんでした。今年の初めに千葉県植物誌という図鑑を知り、そこに載っている植物を見ていて、この『カザグルマ』を見つけ、ぜひ出会ってみたいと思うようになりました。
 さて、田んぼの農道を巡っていると、遠くに白いものが目に入りました。樹の上ならホオノキの花かな?なんて思うのですが、そうではなく、里山の北側斜面でした。近づいてみると、斜面の上のほうに白いものが見えました。そこで撮影したのが、昨日の画像なんです。なにやらよくわかりませんね。でもはやる期待を抑えて、斜面を登ってみると‥
出会うことができました!それが上の画像です。
 
2.名まえの由来
 『カザグルマ(風車)』と読んで字のごとく、花をおもちゃの風車にたとえたものだそうです。『カザグルマ』に似ているテッセンは中国産の花ですが、加えて秋に白い十文字の花をたくさん咲かせる『センニンソウ』などをセンニンソウ属を呼ぶそうですが、一般にはクレマチスと呼ばれているそうです。クレマチスと聞くとああそれという方も多いのではないでしょうか。園芸種としてもさまざまな色の花があると思うのですが、『カザグルマ』はそれら園芸種の原種にあたる花、つまりは祖先なんですね。
カザグルマ花茎.jpg
3.茎について
 『カザグルマ』はつる性植物です。ただ私が出会った『カザグルマ』は急斜面の草地に生えていたため、茎が草の中に埋もれどこが根元なのかさっぱりわかりませんでした。上の画像は花の周りを写しています。茎は地上を這い、そこから葉の柄が伸びて、葉がでます。そして同じ場所から花茎が伸びて、花を咲かせていました。私の印象では茎の先端に花がつく感じです。茎はだらだらと斜面を這っていましたが、花は上向きに開くので、目立ちました。
カザグルマ葉.jpg
4.葉について
 上の画像のように、茎というよりは葉の柄(葉柄)が他の植物に絡み付いて、伸びていくという感じでした。葉は3つに分かれていました。上の画像で、一緒に写っている円錐形はつぼみです。
カザグルマ蕾2.jpg
5.花について
 上の画像はさらに、色づいたつぼみです。ちょっとミックスのソフトクリーム?その日は暑い日でした(^。^)。
カザグルマ花開く.jpg
上の画像では、くるくるっと結ばれいていたつぼみがほころび、花が開いてきました。こんな瞬間も好きです。
カザグルマ花.jpg
 ようやく花が開いた画像です。花はかなり大きいです。白く大きな花びらに見えるのは、じつは萼片でした。花弁はありません。キンポウゲ科では『スハマソウ』『イチリンソウ』『ニリンソウ』のように萼片が花弁の代わりをしている花がよくありますね。萼片は8枚でした。図鑑「野に咲く花」によると、中国原産のテッセンは萼片の枚数が6枚で花の大きさもやや小型だそうです。

 花を近づけると匂いがしました。なんというか、ちょっと変わっているのかな。甘くもなく、きつくもなく。
カザグルマ花裏.jpg
花の裏側です。『ヘビイチゴ』や同じキンポウゲ科の『ウマノアシガタ』で見られたような、緑の萼片が見えませんね。なぜなら、この白い花びらが萼片だからでした。ちょっとヤマユリにも似ているなあって思いました。そう、ヤマユリも‥、話が飛びそうなので、今日はここまで。
カザグルマ雄しべ雌しべ1.jpg
 花の中央部分を拡大してみました。ここだけ見ると、ちょっとイソギンチャク?にも見えます。
さて、白い大きな花の中で、この紫は良いアクセントになっていると思います。これは雄しべです。このようにたくさんあるんですね。画像のように、雄しべは外側から順々に広がっていきます。紫の部分に白くついている粉が花粉です。そして、花の中央部の白く顔をのぞかせているのが、雌しべです。じつはこの花、やや終わりかけなので雄しべが広がっていて、雌しべがようやく見えました。
カザグルマ花2.jpg
6.おわりに
 花を手のひらに乗せてみました。大きいですね。『カザグルマ』は日本の野草の中では花が一番大きいのだそうです。それで今日のお題「大輪という言葉はあなたのために」でした。画像のように、花びら(萼片)はやや透き通るような薄さです。大輪だけど繊細なところが人気のあるところなのでしょう。
 美しい花をまたひとつこのブログに載せることができました。
 画像が多くてすみません。2回に分けても良かったのですが、2回に分けられない理由は‥
 ヘビイチゴの続きは次回!
カザグルマ全体2.jpg

posted by ふらり at 21:21| 千葉 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 初夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えぇー!千葉で、田んぼの農道にカザグルマのお花が…目からウロコガ…
他で見せていただいた時「自然が豊かな所の巨大なお花だわ!」って思っていました。
千葉って凄い!
カザグルマのお花の大きさも偉い!!
満開、蕾、開く所とこれ以上の遭遇はないっですね。ラッキー〜♪
バックのお姿がヤマユリ似…なるほどです。

ノウゴウイチゴにも出会ってらっしゃるんですね。すでに画像もお持ちで…凄いですね〜♪
楽しく読んで学ばせていただきました。
笠取山、櫛形山、尾瀬…動向がSAKURAとそっくりです。昨日は奥多摩の鷹巣山で、今日は筋肉痛でっす…(泣)


Posted by at 2006年05月22日 23:19
こんばんは〜クレマチスの種類とは思いましたが・・です。と言う事には自信なしでした。
お花の大きさがふらりさんの手の平?で解りました。

ユリに萼が無い!そう思ってユリの花を見たことは無かったですね、普段見ているお花でも、意外と見てい無いんですね、(~_~;)
Posted by おとと at 2006年05月23日 00:03
わたくしも見たことがありますが、初めて見たときは、お〜っと、感動いたしました。
Posted by onjo at 2006年05月23日 13:20
ピンポーンでしたね!ヽ(^o^)丿
素晴しいお花ですね、いつかどこかで出会えても、こちらでお勉強したのですぐわかると思います。

お花の検索も作られて、見易い工夫をされていて良いですね。
猫ちゃんとソフトクリームも可愛くて
楽しい工夫ですね。(^^♪
Posted by のんママ at 2006年05月23日 19:29
SAKURAさん、ありがとうございます。本文にお名前をお借りしました。ありがとうございました。
私も千葉県はすごい!って驚きました。今まで高い山があればなあって言っていましたが、無ければ無いなりにまだまだ出会っていない花々があるのですね。(と言いつつ高い山も欲しいです〜)
SAKURAさんと同じような場所に私も出かけているのですか。なんかうれしいです。私は以前買った「週間花の百名山」を参考にして出かけました。
筋肉痛、お大事に。
Posted by ふらり at 2006年05月23日 19:40
おととさん、ありがとうございます。
クレマチスの種類で正解です!私もこのブログを書くに当たって、花のいろいろな画像を撮るようになりました。いつも見慣れた花も裏から見るとちょっと違う景色です。
Posted by ふらり at 2006年05月23日 19:43
onjoさん、ありがとうございます。
どんな花も出会うとうれしいものですが、初めて出会った時の感動はまた格別です。今回もそんな感動がありました。
Posted by ふらり at 2006年05月23日 19:45
のんママさん、ありがとうございます。大正解でした!
検索はまだまだ花の数は少ないので、いまいちなのですが、多くなってからだと多分大変だなと思ったのと、ブログって日付順にしか並ばないので、見づらいなあって思っていたので、作ってみました。
 ソフトクリーム食べたくて、帰り道にアイス買ってしまいました(*^_^*)。
Posted by ふらり at 2006年05月23日 19:54
ふらりさん、こんばんは。
まだ見ぬカザグルマの花をじっくりと見せていただきました♪
花びら(萼ですね・笑。キンポウゲ科の花は、しばしば表現に困ります。)が大きくて薄くて素敵な花ですね。
私も今度、ヤマシャクヤクの花を見つけたら一円玉でも、そっとのせて撮ってみようかな♪
Posted by moto at 2006年05月24日 23:45
motoさん、ありがとうございます。
ヤマシャクヤクには出会ったことがありませんが、大きい花のようですね。花の大きさを画像で示すのは結構難しいですね。それこそ1円玉を常にお伴に(^_^)、というのも面白いかもしれません。カザグルマは手に乗せたくなる花でした。
Posted by ふらり at 2006年05月25日 19:56
千葉市若葉区の かざぐるま の保存に頑張っています

見に来てくださいね 同じ品種ですね 
今 見事に咲いています
Posted by yuu at 2013年05月15日 20:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18221334

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。