2006年06月07日

ナワシロイチゴ (1) 花開いたの?

まだバラ科が続きます。最後は私が一番好きな花を紹介します。
ナワシロイチゴ全体.jpg
ナワシロイチゴ (苗代苺) 別名 サツキイチゴ(皐月苺)
バラ科キイチゴ属

私が出会ったのは‥千葉県 5,6月 草地
千葉県評価:保護留意
 
1.名まえの由来
 『ナワシロイチゴ(苗代苺)』は稲の苗代の時期(6月)に実が熟すことからだそうです。ただ千葉県の苗代の時期は今は4月でしょうか。だいぶ違いますね。昔はもっと遅かったのでしょう。また別名の『サツキイチゴ(皐月苺)』も同じような意味で、苗代の時期の6月は旧暦の5月、5月は別名皐月ということからきているそうです。
 
2.出会った環境
 数箇所で出会っていますが、いずれも草地です。ニワゼキショウやシロツメクサのような背の低い花が咲く芝生周りの草地というよりは、この時期かなり草が繁茂しているような場所です。いずれにしても日当たりがよい場所が好きなようですね。
ナワシロイチゴ全体2.jpg
3.高さ
 上の画像のように、地面すれすれに咲いていました。『ナワシロイチゴ』は一応樹木です。でもつる性で横に這うように伸びるので、上の画像のような感じになります。先に書きましたが、この時期ややもすると草の丈も結構高くなっているので、『ナワシロイチゴ』も隠れがちかなと思うのですが、そこはつる性の利点を生かして、上に上がってくるわけです。つる性植物と聞くと、フジ(藤)のように樹木に絡み付いて、高い場所で花を咲かせるというイメージがありますが、この『ナワシロイチゴ』はぜんぜん違う使い方で、なんと樹木のくせに草やほかの低木に絡んで上に這い上がるのですから、不思議な樹木です。しかも這い上がったといっても相手も低いので、高さは膝丈程度でしょうか。なんか変な努力なのかな(^_^)。
 ただし、たまたま金網などがあると少し高いところまで登ってきます。
ナワシロイチゴ葉.jpg
4.葉について
 葉は『ハマナシ』と同じ羽状複葉です。ただ複葉といっても3枚が普通なので、枚数は『ハマナシ』(←クリック)とはだいぶ違います。一枚一枚が丸っこいので、かわいい感じです。
ナワシロイチゴ茎.jpg
5.茎について
 『ナワシロイチゴ』もバラ科ですので、茎にはとげがあります。ちょっと注意が必要ですね。また葉の元には托葉が2枚ありました。『ハマナシ』の托葉は幅広いものでしたが、こちらは細いので、だいぶ異なります。
 
 さあ、次は花!ですけど、次回(←クリック)へ〜。
posted by ふらり at 23:59| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | 初夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふらりさん 今晩は!
私の大好きな「ナワシロイチゴ」を最後に取り上げて下さって有難う。
とても参考になります。せっせとお勉強します〜ヽ(´▽`)/
Posted by かえで☆ at 2006年06月08日 17:48
トラックバックありがとうございます!記事読みました。
かえで☆さんも大好きな花なんですか!この花、デジカメを持って花を拡大して見たときの驚き、花びらがなんで?ということに気づいた時からとても好きになりました。かわいいですよね!もう朝は時間がなくなってしまったので、今夜こちらからもトラックバックいたしますね。
Posted by ふらり(かえで☆さんへ) at 2006年06月09日 05:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ナワシロイチゴ・2
Excerpt:  今年も小さな小さな大好きなイチゴの花が アチコチに咲きました〜!pink色の ナワシロイチゴ です。 花も 大きくは開きません! あまり目立たず ウッカリ通り過ぎてしまいます。6月になると 赤い苺..
Weblog: かえで☆のデジブラ日記〜♪
Tracked: 2006-06-08 17:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。