2006年06月28日

セッカツメクサ 練乳しぐれおかわり!

季節は梅雨真っ只中、初夏の花もそろそろ終わりにします(^^ゞ。最後は爽やかに。
 
今日の主役は‥
セッカツメクサ (雪華詰め草)
別名:シロバナアカツメクサ(白花赤詰め草)
マメ科シャジクソウ属

私が出会ったのは‥千葉県 6月 草地
千葉県評価:一般有害(ムラサキツメクサとして)
セッカツメクサ1.jpg
 この花は、『ムラサキツメクサ』の白花品種です。『ムラサキツメクサ』の記事はこちら(←クリック)です。
名まえはのんママさんの野草ノートやおーばさんのホームページで紹介されていたので知っていましたが、出会ったことはありませんでした。お二人のホームページへはリンク集(←クリック)からどうぞるんるん
 前回の雄しべと雌しべに気がついた同じ日に出会うことができました。遊歩道の両側を『ムラサキツメクサ』が咲いていたので、見ながら歩いていると、突然白い花が目の前に!
セッカツメクサ2.jpg
 なんか不思議な気分です。本当に色が抜けてしまったような感じがして。不思議と魅力を感じてしまう花でした。
セッカツメクサ3.jpg
 近くには、薄いピンクの花の株も。普通の『ムラサキツメクサ』との交雑種でしょうか。
シロツメクサ比較.jpg
 こちらはシロツメクサ。色は同じでも、花の形は結構違いますね。色もなんとなく。

敢えて言うと、シロツメクサの白は色としての主張のある白、『セッカツメクサ』の白は「無色」の白でしょうか。
 
 マメ科の似たような形の花としては、クスダマツメクサ、コメツブツメクサ、ウマゴヤシ、コメツブウマゴヤシに出会いました。それも紹介するのは来年かもしれません。そろそろ初夏とはお別れ、私のブログも梅雨入りしましょう。6月中に!

おしまい

posted by ふらり at 21:19| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 初夏の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふらりさん今日は。ツメクサも奥が深いですね。
Posted by onjo at 2006年06月28日 21:01
ツメクサの種類も色々有るのですね
今日の散策で、ムラサキツメクサを見掛けましたよ、開いたお花を探したのですが今一解りませんでした。そばに蜂の止まったお花があったのですが、・・
ゆっくり見ている時間が無いので・・残念でした〜 
Posted by おとと at 2006年06月28日 22:46
ありがとうございます。
ようやくムラサキツメクサが終わりました。シロツメクサは来年かもしれません。違いを比べると結構おもしろいのですけどね。
さて明日までに更新しないと7月に入ってしまう〜。
Posted by ふらり(onjoさんへ) at 2006年06月29日 05:51
ありがとうございます。
そうですか。残念。でもこの花は秋まで花を見ることができますので、まだまだチャンスはたくさんあると思います!
私も今年の5月までは気づきませんでしたが、今月気がついてからは、結構見られるものなんだって思うようになりました。なので、この花また見てあげてくださいね。
Posted by ふらり(おととさんへ) at 2006年06月29日 05:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。