2006年07月05日

ヒロハノカワラサイコ (1) 他の仲間より少し遅れて咲きました。

 またちょっと間が空いてしまいました。。今頃梅雨入りです。。季節に追いつく意味も含めて、梅雨の花はあまり深く考えずに、数多く紹介したいと思います。というのは、今年の梅雨は初めて出会った花が多かったのです。できればすべて紹介したいと思います。
 
まず最初は‥
ヒロハノカワラサイコ (広葉の川原柴胡)
バラ科キジムシロ属

私が出会ったのは‥千葉県 6月 荒地、砂地(海岸近く)
千葉県評価:重要保護
ヒロハノカワラサイコ1.jpg
1.名まえの由来
 図鑑「野に咲く花」には、「サイコ(柴胡)」はミシマサイコの漢名。川原に多く、太い根茎がミシマサイコに似ていることから。と書かれていました。そしてカワラサイコに比べて葉が広いから「ヒロハノ(広葉の)」です。
 私はミシマサイコには出会ったことがありません。リンク集で紹介しているmotoさんのホームページに紹介されていました。アドレスは下記です。
http://motos.fc2web.com/hana/8kimisimasaiko.html
 これを見る限り、『ヒロハノカワラサイコ』とは似てもにつかぬ感じです。ミシマサイコはセリ科でした。根が漢方薬として使われるそうです。そこで私が感心するのは、ミシマサイコとは花も葉も株の大きさも全く似ていない『ヒロハノカワラサイコ』が、掘ってみないとわからない根茎が似ているという理由で『サイコ』という名まえをつけられたことなんです。そもそも野草の和名ってどうやってつけられるんでしょう。恐らくいろいろな起源があるのだと思いますが、ご存知の方は教えてください。とりあえず、ここからは私の想像で、お茶を濁します(^_^;)。
−前提条件−
 ミシマサイコもしくは漢方薬としてのサイコ(柴胡)は既に知られており、その上で(ヒロハノ)カワラサイコは名づけられたとします。
(想像1)
 『(ヒロハノ)カワラサイコ』の見た目が薬草であるミシマサイコに似ているので、根を見たら似ていた。
 →見た目は似てませ〜ん(+_+)
(想像2)
 植物学者が花、葉のみならず根茎まで観察したら、ミシマサイコに似ていると思い、名づけた。
 →帰化植物ではないので、昔からの名まえでしょうから、これもちょっと(+_+)。それにもしこれなら、根茎の形で名まえをつけずに別の名まえにすると思う。
(想像3)
 昔は薬草は貴重で、手当たり次第野草の効能が試されていった。その中で、『(ヒロハノ)カワラサイコ』も身近な野草だったので、薬用かどうか試されたときに、根茎がミシマサイコに似ていることからサイコがついた。
 →これだと、『(ヒロハノ)カワラサイコ』の根茎に薬用がないと、それっきり試すこともなく、サイコという名まえがつかないような気がします。でなければイヌセンブリのように、役に立たないという意味でイヌがつくような気もします。
 ということで、『(ヒロハノ)カワラサイコ』の根茎も薬用があるのかなと思いはじめました。
 そこで、イー薬草・ドット・コムというサイトでカワラサイコを検索してみました。すると、下記のアドレスの「伊吹山薬用植物目録(280種類)」という中に「カワラサイコ」はやはり、根が解熱、通経薬としての効能があることが書かれていました。効能としては、ミシマサイコと似ていました。但し『ヒロハノカワラサイコ』は載っていませんでした。
http://www.e-yakusou.com/yakusou/ibuki.htm
 ということで、とりあえずの回答は‥
 カワラサイコの根は、漢方薬として有名なサイコに形や効能が似ており、サイコが採れない地域では薬草として使用されていた。そして川原に生えているのでカワラサイコと名づけられた。そして葉が広いので『ヒロハノカワラサイコ』となった。
 正しいでしょうか。どなたか正解を教えてくださいm(__)m。ところで、『ヒロハノカワラサイコ』の根は見たのかというと、観察していません。それは、今回初めて出会ったのですが、出会う前から会ってみたいなあって思っていて、千葉県植物誌を見たら、「重要保護!」と書いてあったのを覚えていたので、根を掘るのはやめました。
 あれれ〜(*_*)、今回はさらさら行くはずなのに、いきなり長くなってしまった。。
 
2.出会った環境
 図鑑によると日当たりのよい川原や砂地で出会うことができるそうですが、私が出会ったのは、川など全くない場所でした。海辺近くの高台の荒地でした。荒地と書いたのは、上の画像でも見られるように、砂と赤土が混じったような地面で高い草も繁茂していないような場所という意味です。他には芝、シロツメクサなどが一緒に生えていました。特にシロツメクサは一緒に咲いていました。でも私が最初に気づいたのは、その場所から少し離れた、背の低い笹など草が繁茂しているような場所で、歩いてそろそろ車に戻ろうと思っていたときでした。黄色い花が草の中に光っていました。花が一厘だけだったので、

「変な場所に今頃ヘビイチゴが咲いているんだ。」
と思いました。その場所では花が少なかったので、せっかくだから撮影しようと思い、ササなどをどけてよく見たら、葉が違う!かわいい葉!
「カワラサイコだ!」
夢中になって撮影した後、1株だけということもないだろうと思って、探してみたら、結構たくさん咲いているのに気づいたというわけです。

 先に書きましたが、高台ということもあり、以前から川はなかったと思いますが、どこからやってきたのでしょうね。
 
 ということで、さらさら更新のはずが次回へ(←クリック)〜といつものパターンになってしまいました。

posted by ふらり at 23:52| 千葉 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 梅雨の花 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイコという名の付く植物を初めて見させていただきました。何々サイコという植物があるのは知っていましたが、これもまた色々なのですね。それにしても面白いことですね。
Posted by onjo at 2006年07月06日 17:25
ありがとうございます。サイコというと、ヒッチコックを思い出してしまいますが、全然!違いました。漢方薬でした。セリバオウレンもそうですが、根が名の由来になっている野草は薬草の可能性がありそうですね。
Posted by ふらり(onjoさんへ) at 2006年07月06日 20:37
ハイ〜〜新しい講義が始まりましたね♪
ミシマサイコと言う名前だけは聞いていましたが…【ヒロハノカワラサイコ】なる植物は初物で〜す!
興味津々でお勉強させて頂きます(★^ー゚)bネッ♪
Posted by かえで☆ at 2006年07月06日 22:56
こんばんは〜
ミンマサイコ??ヒロハノカワラサイコ??
此のお花も見たことありませ〜ん
サイコが漢方薬??何も知りませんでした、(^.^;; ヒヤアセ
ふらり教室の落ちこぼれです。
今までお花を深く追求した事ありませんでした。m(。_。)m ゴメン
Posted by おとと at 2006年07月07日 19:47
ありがとうございます!
私も今回初めて出会いましたが、かわいい葉っぱなので、気に入りました。講義だなんて(^_^;)。わからないことをそのまま書いてしまっているだけですから、間違っていたら、教えてくださいね。
Posted by ふらり(かえで☆さんへ) at 2006年07月07日 19:50
ありがとうございます!
私もサイコが漢方薬だなんて知りませんでしたよ。うふふ(*^。^*)、にわか仕込みの内容なんです。というか、ブログを書くに当たって疑問に思ったことを調べて書いているので、撮影しているときはこんなこと考えてもいませんよ(^_^)。ここはオープン教室なので、落ちこぼれなんて誰もいません。私も生徒の一人、きままに調べたことを書いているだけですからね♪
Posted by ふらり(おととさんへ) at 2006年07月07日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。